スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Bayside English Cebu oficial webはこちら

Bayside English Cebu | Facebookページも宣伝


フィリピンで髪の毛を切ってみた。

2015/07/17 Fri











どうも、こんにちはインターンのK太です。



今日は、急遽フィリピンの休日となったため、

髪の毛を切りに行ってきました。



海外生活3年が過ぎているんですが、

実を言うと、地元の人が営んでいる床屋や美容室には

行った事がありませんでした。




いつも、その土地で出会った日本人の美容師や

海外にある日本人美容室へと髪の毛を切りに行っていたのが実情でして、

今回は、そういった人も周りにいなかったので思い切って髪の毛を切りに行ったんです。




学校からジプニーで5分程離れた場所に、

『アルバートスタジオ』という名の美容室があるんですが、

どうやらRPCキャンパス近くの美容室としては、

1番イケてる場所との事だったので、

興味本位で行ってみたんです。





まず、店内に入ってみると

ネイルをやっているフィリピン人女性が3名程いたんですが、

髪の毛を切っている人が1人もいないんです。



とりあえず、近くにいたスタッフに髪の毛を切りたい事を伝えると、

美容師は昼食で出ているから5分待って欲しいとの事でした。




5分程待つと、美容師が1人戻って来たので、

写真を見せながら、『この髪型にして欲しい!』と伝え、

絶対に、『刈り上げだけはしないでくれ!』と伝えたんです。




というのも、フィリピン人男性のほとんどは、『刈り上げ』

フィリピンは好きだけど、刈り上げは好きじゃない。

って事で、刈り上げはしないでくれ!と伝えたんですが、



僕の髪の毛を着る準備中に、バリカンを取り出して、

いきなり刈り上げをしようとしてきました。



(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?



これって日本で言う所のダチョウ倶楽部の上島や出川の

出来ません!出来ません!

っていいながら、じつはやんなきゃいけない!っいうアレですか?



っていうか、誰も見てないし!

そんなコントなんかこっちははなからする気がないので、

とりあえず、すきバサミで髪の毛を切ってくれ!

って言ったら、ちゃんとすきバサミで髪の毛を切ってくれたんですけど、

最初っから最後まで全部すきバサミで髪の毛を切られました。




Σ(゚д゚) エッ!?終わり?!





はい。


終わりでした。






美容師は満足そうな顔をしながら、

僕にヘアカット代を要求してきました。

なんなら、お前の要望をめっちゃ聞いてやったんだから、

いい金額のチップくれるんでしょ?

そんなやりきった感をを全面に出した顔をしながら。








もちろん、チップなんか渡す事も無く、

ヘアカット代の50ペソ(140円)を置いて、

颯爽と学校へと帰ったのはココだけの話。





みなさんも、機会があれば

是非とも海外で髪の毛を切ってみてはいかがでしょうか?






おしまい。










関連記事
スポンサーサイト


Bayside English Cebu oficial webはこちら

Bayside English Cebu | Facebookページも宣伝


コメント

Secret

プロフィール

Bayside English Cebu スタッフ

Author:Bayside English Cebu スタッフ
豊富なマンツーマンレッスンで英語が学べるBayside English Cebu。フィリピン・セブのリゾートエリアの海に面した広大なキャンパス&効率カリキュラムで快適かつ効果的な格安英語留学が可能です!
現地日本人スタッフより、最新のBayside English Cebu情報をお届けします!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Certification
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。